直近の成績はこちらのブログでご確認ください。
⇒ 日経225先物の裁量とシステムトレードの稼ぎ方

当ページへお越しいただきありがとうございます。
ナイトスペシャル2015開発者の上野です。

ここではオーバーナイトシステム ナイトスペシャル2015についてご案内しています。




ナイトスペシャル2015は夜間の寄り付きに仕掛けるオーバーナイト取引の売買サインを判定するソフトです。

具体的な使い方は下記をご覧ください。


サイン確認用のエクセルファイルに日付、日中、夜間の4本値を入力します。

これだけで当日のサインが確認できます。



※4本値は証券会社などのホームページで確認ができますがそのうちの一つのホームページを紹介しておきます。
⇒ 日中4本値
⇒ 夜間4本値


サインを確認したら証券会社に16:30までに新規注文をします。


翌日(翌営業日)の朝9:00までに決済注文をします。



このように使い方はいたってシンプルです。

エクセルを見ることができて数字を入力することができれば簡単に
サインの確認ができます。





このように普通なら投資をあきらめるしかないような環境の方々でも一日5分、
システムが導き出すサインに従い運用するナイトスペシャル2015なら
投資を可能にします!






日経225先物取引は株式取引やFX(外国為替証拠金取引)と同じように上がると思えば買い、下がると思えば売る
という投資商品になります。

投資対象の関連性の高い株式取引と比べると

株の現物取引と違い買いだけでなく売りからでも取引ができる
流動性が高いので買いたい時に買え、売りたい時に売れる
小額の資金で大きな金額の取引ができる
倒産リスクがない
銘柄選びが必要ない


という利点がります。





オーバーナイトシステムとは過去の相場を分析して作成した売買ルールに従ってオーバーナイト取引を
する手法です。

買いが有利な条件、売りが有利な条件を見つけて作るシステムですので未来においても利益が得られやすいと
考えられます。

システムが導き出す売買判定に従いトレードするので、初心者でも上級者と同じトレードができることや
相場を常に監視することなくトレードができることが魅力のトレード手法です。




オーバーナイト取引とは建玉(株式取引で言えば株を保有していること)を翌日まで持ち越す取り引きです。

ナイトスペシャル2015は、夜間相場の開始(16:30)に成行きで新規注文をして翌日の日中相場の開始(9:00)に
成行き決済するというオーバーナイト取引の売買サインを判定するソフトです。

ナイトスペシャル2015とは
オーバーナイト取引の売買サイン判定ソフト
日付と4本値を入力するだけでサインを判定
投資の勉強をしなくても投資ができる
寝ている間(16:30〜9:00)に資産運用ができる
相場を監視しなくてもトレードができる

これがナイトスペシャル2015です。




ナイトスペシャル2015は私のブログやメルマガ経由で対象のシステムなどを購入して下さった方に
特典として配布しています。

現在の対象商品はこちらです。








 商品のご利用環境について
商品はパソコンでエクセルファイル(Excel97以降)、PDFファイルが見られる環境があればご利用いただけます。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は将来の利益が出ることを保証するものではありません。日経225先物取引は価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る
取引を行うことがありますので投資額を上回る損失を被る可能性がありま す。日経225先物取引には取引業者の売買手数料が
かかります。

【重要事項】
・ナイトスペシャル2015は将来の利益を保証するものではありません。
・ナイトスペシャル2015の4本値やテクニカルの値などの確認は慎重に行っていますが、目視確認、手動入力のためデータに誤りがある
   場合がございます。また、データなどに誤りがあった場合には過去損益も変動します。
・ナイトスペシャル2015を利用することにより生じたいかなる結果につきましても著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任を
  負いません。
・ロジックは非公開です。ロジック部のセルはシート保護がかかっておりますのでその状態でお使いいただきます。

重要事項をご了承の上、ご購入頂けますようお願い致します。



よくあるご質問Q&A

Q.必ず儲かりますか? 
 A.利益を上げる事を目的に開発をしていますが必ず儲かるとは
申し上げられません。

Q.使用しているのはラージのデータですが? 
 A.ラージのデータです。

Q.公開している損益はラージのものですか? 
 A.ラージの損益です

Q.最大建玉数は何枚ですか? 
 A.1枚です。
サインの強弱による建玉数の変動はございません。


Q.最低資金はいくらからはじめられますか? 
 A.証券会社によって必要最低資金(証拠金)が違いますので取引する証券会社で必要証拠金をご確認ください。

当初資金は余裕をもって証券会社に預け入れておくことを推奨します。